MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語の辞典 >

月下推敲
【げっかすいこう】

【意味】詩や文章をしっかり練ること。
【用例】●その提案は十分月下推敲されていたので、すんなり承認された。あなたの原稿を拝読しますと、至るところに月下推敲の跡が感じられて、頭の下がる思いがします。
【出典】『UNI(82d5)渓漁隠叢話』・『唐詩紀事』
【注意】単に「推敲」だけで使われることが多い。
【故事】唐の詩人|賈島が都に上った時、「鳥は宿る池辺の樹、僧は推す月下の門」という句ができた。賈島はロバの背で「推す」か「敲く」か練っているうちに、都の長官|韓愈(有名な唐代の詩人)の行列に突き当たって捕らえられた。賈島が韓愈に問われて事情を話すと、韓愈は「敲く」がよかろうと教えたという。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 5560341

この辞典の個別アプリ

四字熟語の辞典
日常生活で使用度の高い四字熟語を中心に、三字熟語も加えた約1200語を、実用的な用例とともに収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 恐悦至極  物心両面  容姿端麗  
【関連コンテンツ】

関連辞書

故事ことわざの辞典 慣用句の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典  

関連書籍

 あすとろ出版「四字熟語の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,620
収録数:1200語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2007年12月
ISBN:978-4755508110

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト