MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語の辞典 >

含哺鼓腹
【がんぽこふく】

【意味】口一杯に食物を頬張り、腹|鼓を打つ。よい政治が行われ、飢えを知らない人民が平和な生活を楽しむさま。
【用例】●この地球上には、含哺鼓腹の豊かな国がある一方で、毎日大勢の人が餓死している貧しい国もあるという事実を忘れてはならないだろう。哺を含み腹を鼓す生活が当たり前の今の日本人腹一杯食べられることの幸せを説いても実感は持てないだろう
【出典】十八史略』五帝堯
【類語】鼓腹|撃壌




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 5560231

この辞典の個別アプリ

四字熟語の辞典
日常生活で使用度の高い四字熟語を中心に、三字熟語も加えた約1200語を、実用的な用例とともに収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 恐悦至極  物心両面  容姿端麗  
【関連コンテンツ】

関連辞書

故事ことわざの辞典 慣用句の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典  

関連書籍

 あすとろ出版「四字熟語の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,620
収録数:1200語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2007年12月
ISBN:978-4755508110

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト