MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語の辞典 >

画竜点睛
【がりょうてんせい】

【意味】最後に大切な一点に手を加えて、その物事を完成させること。最後の仕上げ
【用例】●揮毫の筆を置いた書家は、最後に画竜点睛の落款を押した。今月一杯でいよいよ最後の工事になりました。ここで事故などを起こして画竜点睛を欠くことのないよう、細心の注意を払っていただきたい。
【出典】『歴代名画記』七
【参考】画竜点睛を欠く」は、全体としてよい状態でありながら、最後の仕上げに不十分な箇所があることのたとえ。
【故事】絵の名手、梁の張僧UNI(7e47)が、金陵の安楽寺の壁に竜を描いて、最後に睛をかき入れたら、たちまち竜が天に昇ったという。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 5560201

この辞典の個別アプリ

四字熟語の辞典
日常生活で使用度の高い四字熟語を中心に、三字熟語も加えた約1200語を、実用的な用例とともに収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 恐悦至極  物心両面  容姿端麗  
【関連コンテンツ】

関連辞書

故事ことわざの辞典 慣用句の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典  

関連書籍

 あすとろ出版「四字熟語の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,620
収録数:1200語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2007年12月
ISBN:978-4755508110

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト