MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

慣用句の辞典感情 > 怖れる・恐怖

身の毛がよだつ
【みのけがよだつ】

あまりの恐ろしさで体の毛が立つほどになる。
人里近くで熊に襲われたという話を聞いて身の毛がよだった。
ビルの屋上で作業中、足を滑らせたときは身の毛がよだつ思いだった。
【参考】身の毛もよだつ」




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「慣用句の辞典」
JLogosID : 5351609

関連電子書籍

そろばんで脳力UP
脳の老化を防ぎたい一般男女をメインターゲット。そろばんを指で弾いて脳を活性化させ、集中力・記憶力を高めることを目的とした楽しい計算反復ドリル。…

【辞典内Top3】 脇目も振らず  気持ちを汲む  労を執る  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト