MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典ら行 > ロマ

ロマン主義
【ロマンしゅぎ】

高いもの、はるかなもの、美しいものに対するあこがれの心を重んずる立場。「浪漫主義」とも書く。{参考}西欧では、十八世紀末から十九世紀初めにかけて席巻(せつけん)した文芸思潮。日本では明治二十年代、島崎藤村(しまざきとうそん)・北村透谷(きたむらとうこく)・上田敏(うえだびん)らの「文学界」を中心に成立した。国木田独歩(くにきだどつぽ)・土井晩翠(つちいばんすい)らもロマン性豊かな作品を書いた。三十年代には、与謝野鉄幹(よさのてつかん)・晶子(あきこ)らの「明星(みようじよう)」を中心に栄え、石川啄木(いしかわたくぼく)・薄田泣菫(すすきだきゆうきん)・蒲原有明(かんばらありあけ)・泉鏡花(いずみきようか)・高山樗牛(たかやまちよぎゆう)らもいた。この時期がロマン主義最盛期といえる。明治末年から大正初期にかけて北原白秋(きたはらはくしゆう)・吉井勇(よしいいさむ)らの「パンの会」や、永井荷風(ながいかふう)・谷崎潤一郎(たにざきじゆんいちろう)ら耽美派(たんびは)など、いわゆる新ロマン主義作家が活躍する。ロマンチシズム。↓写実主義




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 705453790


【辞典内Top3】 終わり初物  驕り・傲り・奢り  収まる・納まる・修まる・治まる  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト