MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典ま行 > もの


【もの】

名/形名/接頭/接尾

【一】(名)感覚、あるいは思考の対象。【1】目で見たり、手で触ったりできる対象。物体。品物。「この部屋にはいろいろな―がある」「冷蔵庫の中に食べる―がない」「―の値段」「―の不足」【2】漠然とした事柄・対象。【ア】文脈で示される、行為の対象。「―も食べない」「―を思う」「―は言いよう」「―には順序がある」【イ】特にとりたてて有用な対象。「―の役に立たない」「昔の苦労に比べたら―の数ではない」【3】所有物。「この本は学校の―です」「月賦が終わってようやく自分の―になった」「勝利はこちらの―だ」【4】道理・筋道・理由など。「―のよくわかる人」「―を知らないにもほどがある」【5】人間の精神生活を支配する、人間以上の不可思議な存在。「―につかれる」{参考}ものの働き・性質など抽象的な対象を表す「こと」に対して、おもにはっきりと存在を感覚できる対象を表す。     【二】(形名)【1】強い断定・強調または一般的傾向を表す。「人生とはそういう―だ」「悪いことはできない―だ」【2】回想・願望・感動を表す。「子供のころ、公園へ遊びに行った―だ」「早く食べたい―だ」「たいした―だ」【3】〔「―で」の形で〕原因・理由を表す。「忙しかった―で、つい忘れてしまった」▽【二】は、ふつう仮名書き。{参考}【二】の場合、「もん」となることもある。【三】(接頭)〔形容詞形容動詞などについて〕全体になんとなくそういう感じがすることを表す。「―珍しい」「―静かな人」「秋は―悲しい季節だ」【四】(接尾)【1】分類した一つ一つ。「時代―」「日本海―」「ごはん―」【2】そういう状態を引き起こすような事柄を表す。「びくびく―」「冷や汗―」「打ち首―」




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 705406840


【辞典内Top3】 驕り・傲り・奢り  収まる・納まる・修まる・治まる  見回り・見廻り  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト