MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典な行 > のぞ

望む
【のぞ・む】

他五

【1】そうあってほしい、または、そうしたいと思う。「世界の平和を―」「出世を―」「息子の嫁にと―」【用法】こちらが思うように相手が行動する場合には「望む」、こちらの思いを相手に申し出て相手の力によって達成しようとする場合には「願う」を用いる。「入試合格を神に願う」はいえるが、「入試合格を神に望む」とはいえない。【2】遠くのほうにあるものをながめる。「富士を―」「海岸から島々を―」




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 705281220


【辞典内Top3】 収まる・納まる・修まる・治まる  驕り・傲り・奢り  満遍なく・万遍なく  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト