MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典た行 > ちょ

直喩
【ちょくゆ】

比喩の一つ。たとえるものと、たとえられるものとを、明示してたとえる技法。前に「ちょうど」「まるで」「あたかも」などをつけたり、後に「ようだ」「ごとし」などをつけるのがふつう。「夢のような思い」などの類。たとえるものと、たとえられるものの共通点が比喩になるのだから、この両者の関係が遠いものほど共通点が小さくなって、すぐれた独創的な直喩になる。「彼の気分は井戸水のように落ち着いた」(佐藤春夫)の例では、気分と井戸水という無縁のものの組み合わせが効果をあげている。↓比喩・隠喩




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 705209350


【辞典内Top3】 驕り・傲り・奢り  収まる・納まる・修まる・治まる  差し替える・差し換える  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト