MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典た行 > たん

耽美主義
【たんびしゅぎ】

美を人生最高の価値とし、「芸術のための芸術」の創造をめざす唯美的な思想。十九世紀後半のヨーロッパで、ワイルドボードレール、ヴェルレーヌ、ランボー、ペーターらによって、反自然主義享楽主義・神秘主義のデカダン的傾向の文学が盛んになった。この人々を頽唐派(たいとうは)と言い、明治末期から大正初期に、永井荷風(ながいかふう)・谷崎潤一郎(たにざきじゆんいちろう)やパンの会の詩人たちがその影響を強く受けた。かれらは真実や道徳よりも美の享受と創造に人生の意味を見いだした。そして官能美を追求し、解放された刹那(せつな)の生を愛する新しい世界を開拓した。




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 705197160


【辞典内Top3】 代わり・替わり  案分・按分  収まる・納まる・修まる・治まる  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト