MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典た行 > たん

短歌
【たんか】

和歌で、音数が五七五七七を基本とする形のもの。和歌の歌体には、ほかに長歌(ちようか)・旋頭歌(せどうか)・仏足石歌体(ぶつそくせきかたい)の歌などがあるが、古来作られた歌の数は短歌が絶対多数である。長さからもリズムからも、この形が日本人の感情を表現するのに最適だったのであろう。七五調の愛された平安時代から、上(かみ)の句・下(しも)の句という考え方ができ、書くときも上の句下の句を二行に書いた。近代では、一行に続けて書くのがふつう。また、歌会といえば短歌会、歌人といえば短歌人をさすようになった。↓長歌・旋頭歌・仏足石歌体の歌




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 705194430


【辞典内Top3】 代わり・替わり  案分・按分  収まる・納まる・修まる・治まる  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト