MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典さ行 > ずい

随筆
【ずいひつ】

文体・構成・素材・用語などについて、自由な態度で書いた散文の文学。「―家」{参考}「エッセイ」と同義に使われることが多いが、厳密には、エッセイがやや思索的。自由で制約のない文学であるから、小説・詩歌・戯曲・評論などの文学ジャンルの、どのジャンルにも属さないものを随筆と称するという定義もあるくらいである。随筆の魅力は、気楽な発想で肩の力を抜いて書いた文章の味、つまり筆者の人がらの露呈した部分にあり、炉辺談話のおもしろさに通ずる。↓エッセイ




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 705132970


【辞典内Top3】 驕り・傲り・奢り  多い  差し替える・差し換える  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト