MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典さ行 > し・

知る
【し・る】

他五

【1】ものの意味・内容・価値などを理解する見分ける。さとる。「病気になって初めて健康のありがたさを―」「敵を―・りおのれを―」「自分の欠点を―ことが大切だ」【2】ものの存在・ありさまなどを心でとらえる。気づく。認識する。「今朝の地震は―・らなかった」「そんなことをして恥を―・れ」「信州なら夏でも暑さ―・らずだ」【3】〔多くは「しっている」の形で〕知識として持つ。記憶する。「おじいさんは昔のことをよく―・っている」「内部事情をよく―者の犯行だ」【4】人と知り合いである。「彼女を子供のころから―・っている」【5】経験する。「戦争を―・らない子供たち」【6】かかわりを持つ。関知する。「言うことを聞かないなら、もう―・りませんよ」「きみの―・ったことではない」【用法】【6】は、おもに否定的な意味で用いられる




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 705121150


【辞典内Top3】 多い  差し替える・差し換える  驕り・傲り・奢り  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト