MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典さ行 > し・

死ぬ
【し・ぬ】

自五

【1】生物の呼吸がとまり、活動がとまる。【ア】命がなくなる。死亡する。「ガンで―」「―まで忘れない」{対}生まれる 【イ】自分で命をなくす。自殺する。「海に飛びこんで―」{対}生きる 【用法】「しぬほど」の形で、程度がはなはだしい意を表すこともある。「―ほど退屈だ」【2】〔「しんでいる」の形で〕物事が生き生きとしなくなる。生気がなくなる。「目が―・んでいる」「町全体が―・んでいる」【3】はたらきを持たなくなる。役に立たない。むだになる。「そんな事に使っては金が―」「せっかくの親切が―」{対}生きる 【用法】野球で走者がアウトになることや、囲碁で相手の石に囲まれてとられる場合にも使う。「ランナーが三塁で―」「石が―」




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 705082990


【辞典内Top3】 多い  差し替える・差し換える  驕り・傲り・奢り  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト