MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

福武国語辞典か行 > き・

切れる
【き・れる】

自下一

【1】二つ以上の部分に分かれたり傷ついたりする。「綱が―」「ナイフで手が―」【2】物事にくぎれめができる。【ア】なくなる。終了する。「薬が―」「保険が―」「縁が―」「電話が―」【イ】とだえる。尽きる。「音信が―」「油が―」【3】処理する能力が高い。【ア】頭の回転が早い。「よく―人物」【イ】切れ味がよい。「よく―はさみ」【4】〔「しびれが―」の形で〕しびれる。【5】進む方向が変わる。「道は右へ―」【6】〔動詞の連用形について〕完全に…することができる。「食べ―」「あきらめ―・れない」「面倒を見―・れない」▽【6】は、ふつう仮名書き。




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「福武国語辞典」
JLogosID : 704984470


【辞典内Top3】 思い浮かべる  見回り・見廻り  利敵行為  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「福武国語辞典」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト