MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

福武国語辞典か行 > がけ

掛け
【がけ】

接尾

【1】〔動詞の連用形について〕動作をし始めたとき。また、動作の途中でついでに行うこと。「起き―」「帰り―」【2】その人数で腰掛けること。「三人―の椅子(いす)」【3】十分の一の割合。「定価の八―で売る」【4】倍数。「二つ―」【5】身につけた状態。「浴衣(ゆかた)―で散歩する」【6】投げ出して賭(か)けること。「命―の仕事」▽【6】は「懸け」とも書く。




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「福武国語辞典」
JLogosID : 704932790


【辞典内Top3】 見回り・見廻り  年男・▽歳男  思い起こす  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「福武国語辞典」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト