MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典か行 >


【が】

格助/接助/終助/接

【一】(格助)〔体言、準体言につく〕【1】主格を示す。【ア】動作・作用・存在の主体を示す。「鳥が鳴く」「私が書いた」「彼には夢がある」「君が犯人だ」【イ】性質・状態など属性表現の主体を示す。「心がやさしい」「空が青い」【2】(【1】【イ】と関連して)希望・好悪・可能・巧拙の対象を示す。「水が飲みたい」「映画が好きだ」「英語ができる」「字がうまい」【3】(古語的、また慣用的用法)連体格を示す。「汝(なんじ)が※(ひとみ)」「雁(かり)が音」「わがまま」【用法】【1】【2】とも、連体修飾句の中では、「私の書いた本」「水の飲みたい人」のように「の」で示すことが多い。【二】(接助)〔用言・助動詞終止形につく〕【1】述べられる事柄の題目・場面・前提などを示し、あとの内容と結びつける。「お尋ねの件ですが、ただいま調査中です」「すみませんが、水を一杯ください」【2】二つの事柄を対比的に結びつける。【ア】関連する二つの事柄を結びつける。「値段も安いが、味もよくない」【イ】逆接条件を示す。「空は晴れたが、心は晴れない」【3】前に述べた事柄と無関係にあとの事柄が行われることを示す。「煮て食おうが焼いて食おうが、おれの勝手だ」「雨だろうが何だろうが決行するぞ」【三】(終助)〔用言・助動詞終止形、また体言にもつく〕【1】遠まわしに意見を述べる。「だれもいないように思えるのですが」【2】実現しにくい事柄や、事実と反対の事柄が実現することを願う。「晴れるとよいが」【3】軽侮の対象を示す。「ばか者めが」【用法】【1】【2】の用例は【二】の後句が、【3】の用例は【一】の述語が、それぞれ消去されたもの。文脈に沿って、「わかってはいたのだが(まちがえた)」「来るとよいが(来ないだろう)」「ばか者めが(ガラスを割った)」のように理解することができるが、それらを臨時に省略した表現ではなく、それらを欠いても自立している文形式である。【四】(接)逆接を示す。「彼は待った。―、彼女は現れなかった」【用法】【三】【2】の展開した用法。「―、しかし」と用いることもある。「―、しかし彼はあきらめなかった」




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 704921060


【辞典内Top3】 見回り・見廻り  驕り・傲り・奢り  口寂しい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト