全辞書一括検索 JLogos

疾患解説

トップ各診療科から検索心療内科・精神科

FD・慢性胃炎(機能性胃腸障害)【えふでぃー・まんせいいえん(きのうせいいちょうしょうがい)】
Functional Dyspepsia

[受診科] 心療内科・精神科
受診のコツ

【概説 】
 FD(Functional Dyspepsia:旧NUD)とは、潰瘍がないにもかかわらず、上腹部不快感、悪心(おしん:むかつき)、嘔吐(おうと)などの消化器症状を訴えるもので、従来は腹部不定愁訴(ふていしゅうそ)や慢性胃炎と呼ばれていたものです。病因としては、消化管の機能異常、胃酸分泌亢進(こうしん)、胃粘膜の萎縮(いしゅく)などの身体的要因と心理・社会的要因があいまって発現すると考えられています。
【症状 】
 腹部症状としては、上腹部不快感、腹満感、悪心(むかつき)、嘔吐などですが、この他にも倦怠感、肩こり、手足の冷え、立ちくらみ、背部痛などの全身の不定愁訴を伴うことがあります。精神状態としては、不安、心気、抑うつ、焦燥(しょうそう)感などを認めることがあります。
【診断 】
 診断基準としては、上記のような腹部症状が4週以上持続することと、他の器質的消化器疾患がないことです。したがって、胃内視鏡検査を受けて、潰瘍(かいよう)、ガン、ポリープなどの疾患がないことを確認する必要があります。
【標準治療 】
 多くの場合は、病院で消化管の検査を受けて異常のないことが確認されると症状が軽快します。しかし、検査結果の説明に納得がいかず、かえって症状が強くなるケースがあります。症状に対する不安・心気傾向の強い人、医療不信のある人、抑うつ状態の人には、消化管薬や整腸剤に加えて心療内科的治療が必要です。心理療法としては、一般的な支持的心理療法を行い信頼関係をつくること、心理・社会的ストレスが関係している場合はストレス対処法や抗不安薬の投与が必要です。また、うつ状態による身体症状である可能性が考えられる時は、抗うつ薬を処方します。
●標準治療例
 一般的な消化管薬や整腸剤に加えて、下記の薬を併用します。
 [1]不安の強い時
 ・ソラナックス(0.4mg)  1回1錠1日3回(毎食後)
 [2]心気症状の強い時
 ・レキソタン(2mg)  1回1錠1日3回(毎食後)
 [3]うつ状態の強い時
 ・ドグマチール(50mg)  1回1錠1日3回(毎食後)
【生活上の注意/予防 】
 一般的な注意としては、暴飲暴食をつつしみ、刺激物は控え消化のよいものをとり、規則正しい生活リズムに心がけ、過労や睡眠不足を避けることです。また、心理的ストレスをためこまないように、ストレス解消や相談相手をもつことも必要です。
このページの執筆医師【野村忍

【関連コラム】
心療内科・精神科受診に際しての予備知識
心療内科・精神科で使用する薬について

【出典】 寺下謙三/日本医療企画
標準治療(第3版)