全辞書一括検索 JLogos

疾患解説

トップ各診療科から検索心療内科・精神科

外傷後ストレス障害/PTSD【がいしょうごすとれすしょうがい/ぴーてぃーえすでぃー】
Post-Traumatic Stress Disorder:PTSD

[受診科] 心療内科・精神科
受診のコツ

【概説 】
 阪神・淡路大震災の後、PTSDという言葉がマスコミで大きく取り上げられてすっかり有名になりました。それ以来、何か大きな事件や出来事が起こるたびにPTSDが注目を集めるようになりました。
 PTSDとは、何か脅威的なあるいは破局的な出来事を経験した後、長く続く心身の病的反応で、その出来事の再体験(そのことをありありと思い出すフラッシュバックや苦痛を伴う悪夢)が特徴的です。通常はショックな出来事を体験しても時間の経過とともに心身の反応は落ち着き記憶は薄れていきますが、あまりにもショックが大きすぎる時や個人のストレスに対する過敏性が強い時、小児のように自我が未発達な段階では、大きな障害を残すことがあります。
【症状/診断 】
 PTSDの症状は、[1]外傷的な出来事の再体験(フラッシュバックや苦痛を伴う悪夢)、[2]類似した出来事に対する強い心理的苦痛と回避行動、[3]持続的な覚醒亢進(こうしん)症状(睡眠障害、ちょっとした刺激にも反応を示す、集中困難、過度の警戒心、過剰な驚愕反応など)です。これらの症状が、心的外傷後、数週間〜数カ月の間に発症し、数カ月〜数年続くというものです。外傷的な出来事としては、大きな自然災害(地震、洪水、火山の噴火など)、人工災害(原発事故、航空機事故、列車事故、大きな交通事故、火災など)、犯罪(殺人事件、人質、強姦〈ごうかん〉、虐待〈ぎゃくたい〉など)があります。
【標準治療 】
 PTSDの症状自体は「異常な出来事に対する正常な反応」です。多くの人はショックな出来事を経験しても時間経過とともに心身の安定を取り戻していきますが、大きな心身の障害を残す場合には治療が必要となります。
 治療法は、薬物療法と心理療法です。不安・過敏症状・睡眠障害には抗不安薬、抑うつ症状には抗うつ薬、最近では選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が第1選択薬として用いられています。
 心理療法としては、支持的な心理療法(カウンセリング)が中心ですが、恐怖体験の言語化と不安反応のコントロールをめざした行動療法、また、最近の新しい治療法としてEMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)があります。これは、問題の記憶場面を思い浮かべながらリズミカルに目を動かすという方法で、外傷的記憶を処理するという効果があります。また、PTSDの人は外傷的記憶を思い出したくないのであまり口に出さず、ただ我慢しているために、周囲からなかなか理解を得られないことがありますから、ソーシャル・サポートの意義が重要です。
●標準治療例
[1]不安・過敏のある場合
 ・ソラナックス(0.4mg)  1回1錠1日3回(毎食後)
[2]抑うつ症状を伴う場合
 ・デプロメール(25mg)  25mg/日から開始して100mgまで増量します。
[3]睡眠障害・悪夢のある場合
 ・デパス(0.5mg)  1回1〜2錠1日1回(就寝前)
【生活上の注意/予防 】
 大きな外傷的出来事に遭遇した人にはPTSDになる可能性があります。とくに、自我の脆弱(ぜいじゃく)な幼小児にはその危険性が大きいので、早期から対応する必要があります。ただ我慢するのではなく、恐怖体験を誰かに相談し、またその人を心理的に支える態勢をつくることが重要です。
このページの執筆医師【野村忍

【関連コラム】
心療内科・精神科受診に際しての予備知識
心療内科・精神科で使用する薬について

【出典】 寺下謙三/日本医療企画
標準治療(第3版)