全辞書一括検索 JLogos

疾患解説

トップ各診療科から検索心療内科・精神科

摂食障害/神経性食欲不振症(拒食症・過食症)【せっしょくしょうがい/しんけいせいしょくよくふしんしょう(きょしょくしょう・かしょくしょう)】
Eating Disorder/Anorexia Nervosa

[受診科] 心療内科・精神科
受診のコツ

【概説 】
 摂食障害とは、神経性食欲不振症(拒食症)と神経性大食症(過食症)の総称です。表面上はまったく反対の食行動異常ですが、両者は基本的には同じ病態で、ある時期には拒食の状態であったものがその後、過食の状態へと移行する場合が多くみられます。
 神経性食欲不振症は、典型的には若い女性がやせようとしてダイエットして食べなくなり、その結果著しい体重減少をきたし、無月経など様々な症状を伴うものです。摂食障害の心理的な原因にはいろいろなものがあり、家庭、学校、職場、友人などの人間関係での悩みや自己実現、独立と依存の葛藤などの発達上の課題に対するとまどいから発症するケースが多いといわれています。古典的には、成熟拒否、肥満恐怖、そして幼児期への退行と理解されていますが、行動論の立場からは、このような心理的なストレスに対する適切な対処をとることができずに、もっぱら摂食してやせることで対処していると考えることができます。
【症状と診断 】
 厚生労働省の研究班による診断基準を以下に示します。この6項目のうちすべてを満たすものを確診例(典型例)、1つでも満たさないものを疑診例(周辺群)とします。
1)標準体重のマイナス20%以上のやせ
 標準体重のマイナス20%以上のやせが、ある時期にはじまり3カ月以上続く場合で、典型例ではマイナス25%以上やせることもあります。
2)食行動の異常
 食行動の異常は、単に食べないだけではなく、経過中には逆に過食、大食あるいは隠れ食いをすることもあります。また、やせるために過度に運動したり、下剤を乱用したり、嘔吐(おうと)をしたりすることがあります。
3)体重や体型についてのゆがんだ認識
 極端なやせ願望、肥満恐怖やボディ・イメージのゆがみがみられますが、自分では病的だと思っていないので病識に欠けることがあります。
4)30歳以下の発症
 この病気は、思春期の女性に多く、30歳以上で発症するケースはまれです。また、男性例は非常に少なく、若い女性特有の病気といえます。
5)無月経
 体重減少や心理・社会的ストレスによって、女性ホルモンのアンバランスが生じ、2次的に無月経となります。多くの場合、体重が回復すれば月経は再開し後遺症は残りません。
6)やせの原因となる他の器質的疾患がないこと
 この病気の診断には、やせの原因となる他の病気がないことが前提です。例えば、ガンの末期で消耗してやせた場合、うつ病で食欲がない場合、大きなショックによる一時的な食欲低下とは区別します。
【標準治療 】
1)身体的な治療
 長期間の節食、拒食により著しい体重減少をきたし、極端な例では栄養失調で衰弱死するケースもまれにあります。したがって、高度のやせの場合は、点滴、高カロリー輸液などで栄養状態を改善する必要があります。
2)行動療法
 行動療法では、食行動異常を誤った学習による不適応行動と考え、より適切な食行動を再学習するという治療を行います。
3)認知行動療法
 この病気の特徴として、食行動や体重・体型についてのゆがんだ認識の仕方が認められ、このような認知のゆがみを修正するという治療法です。
4)家族療法
 この病気は、家族の人間関係のあり方と密接な関わりがあります。家族療法は、家族全体の問題として取り組み、家族関係のあり方を調整していく治療法です。
5)心理療法
 この病気の人は、多かれ少なかれ発達途上の自立・自己実現という問題を抱えています。したがって、何らかの心理療法により、自我発達・自己成長へ向けてのアプローチが必要です。
●標準治療例
 摂食障害の治療は、心理療法あるいは行動療法が中心です。薬物療法は補助的な意味しかありませんが、そのいくつかを紹介します。
[1]抑うつが強い時
 ・抗うつ薬として、ドグマチール(50mg)  1回1錠1日3回(毎食後) あるいは
 レスリン(25mg)  1回1錠1日3回(毎食後)
[2]過食衝動が強い時
 ・デプロメール(25mg)  1回1錠1日3回(毎食後)
[3]強迫傾向が強い時
 ・レキソタン(2mg)  1回1〜2錠1日3回(毎食後)
[4]不安が強い時
 ・デパス(0.5mg)  1回1〜2錠1日3回(毎食後)
【生活上の注意/予防 】
 この病気になる人の性格特徴は、小さい時からまったく手のかからない「よい子」として育ち、成績も優秀で「がんばり屋」ですが、反面なんでも完璧にやらないと気がすまないという強迫的傾向があります。小児期は何とか適応していますが、思春期になって自我が成長するとともに混乱し、節食してやせることで達成感を得るという方向におしやられていくようになります。したがって、家族全体が協力し、子ども時代には十分に子どもらしい生活が送れるように配慮することが大切です。
このページの執筆医師【野村忍

【関連コラム】
心療内科・精神科受診に際しての予備知識
心療内科・精神科で使用する薬について

【出典】 寺下謙三/日本医療企画
標準治療(第3版)