全辞書一括検索 JLogos

疾患解説

トップ各診療科から検索消化器

薬剤性腸炎【やくざいせいちょうえん】
Drug Associated Colitis

[受診科] 消化器
受診のコツ

【概説 】
 薬剤による大腸炎には薬剤が直接大腸粘膜に障害を与える場合と、主として抗生物質の投与によって腸内細菌叢(a)の変化などの結果によって引き起こされる抗生物質起因性腸炎に分けられます。
1)抗生物質起因性腸炎
[1]偽膜性(ぎまくせい)大腸炎
 重篤(じゅうとく)な基礎疾患を有する人や手術後・高齢者に多くみられます。主に、セフェム系抗生剤(b)や、抗生剤を多剤併用して幅広い効果を目的とした治療を行った場合に菌交代(きんこうたい)現象(c)が出現します。この菌交代現象により異常増殖したクロストリジウム・ディフィシル(clostridium difficile)菌の産生する毒素によって大腸粘膜が障害されるのが原因と考えられます。大腸粘膜面に偽膜が形成されるため、このような病名が付いています。
(a)腸内細菌叢:
 腸内に常時存在する細菌の総称です。腸球菌、乳酸菌、大腸菌などで、善玉菌と悪玉菌があり、それらのバランスで消化吸収・栄養・病原菌の感染防御などに重要な役割を果たしています。
(b)セフェム系抗生剤
 抗生剤には、この他にペニシリン系、アミノグリコシド系やペネム系などいろいろありますが、セフェム系抗生剤は現在もっとも使われているものです。
(c)菌交代現象
 抗生物質を投与すると、感受性のある菌は減少・消失しますが、感受性のない菌は残存・増殖を示します。この現象を菌交代現象といいます。
[2]急性出血性大腸炎
 わが国では偽膜性大腸炎よりも圧倒的に多くみられます。合成ペニシリンが主な起因薬剤とされていますが、セフェム系や他の抗生物質も誘因となりえます。クレブシエラ・オキシトカ(klebsiella oxytoca)菌はクロストリジウム・ディフィシル菌と違って毒素産生は認められませんが、何らかの関与が考えられているようです。また高齢者よりも若年から中年に多くみられます。
2)その他の薬剤による腸炎
 抗生物質以外で腸炎を引き起こす可能性のある薬剤としては、[1]抗腫瘍(しゅよう)剤や[2]非ステロイド系抗炎症剤(NSAID)などがあります。
[1]抗腫瘍剤
 抗腫瘍剤が腫瘍細胞の増殖だけではなく、腸粘膜上皮の再生をも抑制し、びらんや潰瘍が生じると考えられています。このような薬を服用しなければならない人は、抵抗力が低下していることもあるので、そのために感染が伴っている場合や、また抗腫瘍剤の中には抗菌作用を有する薬剤もあり、多様な原因が考えられます。腸粘膜の組織検査で確定診断が可能です。
[2]NSAID
 腸粘膜への直接障害とプロスタグランジン(腸粘膜保護作用を有する)合成阻害による腸粘膜傷害があげられます。発症までの投与期間は数週から数年にわたるような場合もあるようです。
【症状 】
1)偽膜性大腸炎
 抗生物質投与の数日後(4〜6週以内)に下痢、腹痛、腹部膨満(ぼうまん)、発熱などで発症します。どちらかというと下血(げけつ)の出現頻度は低いようです。
2)急性出血性大腸炎
 血性下痢と激しい腹痛で発症するのが特徴です。ただ、びらんの程度が低い場合では、下痢ないし軟便で下血を伴わないこともあり、腹痛も軽微なことがあります。
3)抗腫瘍剤およびNSAIDなどによる大腸炎
 下痢・腹痛・下血・発熱などで、特有なものはありません。
【診断 】
1)偽膜性大腸炎
 基礎疾患の有無、最近1カ月の抗生物質の投与歴を確認します。投与経路としては静脈内投与の場合によくみられます。疑いが強い場合、大腸内視鏡検査を行います。好発部位は直腸からS状結腸ですが、重症の場合は全大腸に広がります。可能であれば、全大腸を観察するのがいいでしょう。大腸粘膜に偽膜を形成する特徴的な所見があれば診断がつきます。
 糞便からクロストリジウム・ディフィシル菌が発生する毒素を検出する方法もあります。
 血液検査では、著しい白血球増加・電解質異常・低タンパク血症などを認め、重症度の判定に役立ちます。
2)急性出血性大腸炎
 まず、抗生物質投与歴を確認します。あれば、抗生物質の内容も確認します。投与経路では、偽膜性大腸炎と異なり経口投与の場合が多いようです。好発部位も偽膜性大腸炎と異なり奥(口側)のほうになります。大腸内視鏡検査では、染み出るような出血を伴う浮腫変化の強い粘膜が典型例でみられます。血液検査では、白血球の増加などを認めますが特徴的ではありません。糞便検査では、クレブシエラ・オキシトカ(klebsiella oxytoca)菌が高率に検出されます。
3)その他の薬剤による腸炎
 検査では特有なものはなく、正確な病歴を聴取することが診断の手助けになります。その上で組織検査を行い、確定診断をします。
【標準治療 】
 どの薬剤性腸炎にもいえることをまず示します。
[1]起因抗生物質・薬剤を中止します。
[2]脱水を認めれば輸液を行います。下痢がひどい場合も腸の安静を保つため、点滴による栄養の補給を必要とします。その他症状に応じて、鎮痙(ちんけい)剤(腸の動きを抑えて、痛みをやわらげる作用)、整腸剤(腸内細菌のバランスを整える)などを投与します。偽膜性腸炎の場合は、クロストリジウム・ディフィシル菌に感受性のあるバンコマイシンという抗生物質の内服投与をします。
【予後 】
 比較的良好ですが、偽膜性腸炎の場合は基礎疾患に左右され、また早期診断・治療が大事になります。
【生活上の注意/予防 】
 薬にはすべて多かれ少なかれ副作用があります。とくに医療機関で処方される薬は用量が多いため、定期的な副作用のチェックが必要です。調子がいいからといって、長期間薬だけで診察を受けないことは非常に怖いことです。
このページの執筆医師【寺下史朗

【出典】 寺下謙三/日本医療企画
標準治療(第3版)