全辞書一括検索 JLogos

疾患解説

トップ各診療科から検索消化器

大腸憩室症【だいちょうけいしつしょう】
Diverticular Disease Of The Colon

[受診科] 消化器
受診のコツ

【概説 】
 憩室とは、消化管壁の一部がふくれて、管腔(かんくう)の外側に袋状に突出した状態をいいます。腸管内圧の上昇と腸管壁の抵抗力の低下が原因となり、大腸の粘膜が腸管壁の筋層を貫通して憩室を形成するのです(図:憩室)。組織学的に抵抗力の弱い部分である血管が腸壁を貫く部位に多く発生します。わが国でも食生活の西欧化(食物繊維摂取量の減少、脂肪摂取量の増加)と高齢化に伴い著しく増加してきています。憩室が盲腸から上行(じょうこう)結腸(けっちょう)にあるものを右側型、下行(かこう)結腸からS状(えすじょう)結腸にあるものを左側型、両方に認めるものを両側型といいます。
 わが国では、右側型が大部分を占め、左側型・両側型はほぼ同じくらいでしたが、最近左側型が増加傾向にあります。欧米では、左側型が圧倒的に多いようです。右側型は10代から発症し、若年者に多く、単発の傾向を認めます。左側型は、加齢とともに増加し、60〜70歳代に多く、多数個認められることが多くあります。
【症状 】
 多くは無症状ですが(半分強)、症状としては腸管の運動異常に基づく症状である便秘・下痢・腹部膨満感・腹痛などになります。過敏性腸症候群との鑑別が困難なこともあります。合併症としては、憩室の炎症(憩室炎)と憩室よりの出血があります。
【診断 】
 憩室の存在診断には、注腸(ちゅうちょう)検査が最もすぐれているでしょう。しかし、炎症が強い時はできません。憩室は小さいことが多いので、多発例では問題ないのですが、大腸内視鏡検査では、腸のひだに隠れているため見逃されることがあります。しかし、他の疾患との鑑別のためには大腸内視鏡は必要な検査です。炎症の所見がみられる時は、その程度をみるため超音波検査やCTが行われます。
【標準治療 】
[1]合併症がない場合では、便通のコントロールを中心とした日常生活指導を行います。
[2]憩室炎を伴う場合ですが、炎症の程度が軽い場合は絶食・抗生物質投与による保存的治療(手術以外の治療)で様子をみます。炎症が強くなり穿孔(せんこう:孔があく)を起こした場合や炎症を繰り返し膿瘍(のうよう)を形成したり、出血が止まらない時などには手術が必要になります。術式は、所見により異なりますが、緊急手術になることが多いことと、大腸内には糞便があるためにやむをえず2期に分けて手術をしなければならないこともあります。
【生活上の注意/予防 】
 腸管内圧上昇が悪化する原因の1つです。それを引き起こすのは、便秘と肥満ですから、便通のコントロール・体重のコントロールが大切になってきます。十分な食物繊維の摂取が必要になります。日常の食事ではなかなか十分量を摂取するのが困難です。サプリメント(ベネファイバーなど)で補うのもよいでしょう。
このページの執筆医師【寺下史朗

【関連コラム】
内視鏡(カメラ/ファイバースコープ)
腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)

【出典】 寺下謙三/日本医療企画
標準治療(第3版)