全辞書一括検索 JLogos

疾患解説

トップ各診療科から検索消化器

腸閉塞(イレウス)【ちょうへいそく(いれうす)】
Ileus

[受診科] 消化器
受診のコツ

【概説 】
 腸閉塞とは何らかの原因により腸管内容の通過障害をきたした病態をいいます。腸閉塞の分類ですが、まず機械的通過障害による機械的イレウスと、腸管の運動(蠕動〈ぜんどう〉という)が侵された機能的イレウスとに大別されます。さらに機械的イレウスは、腸管内腔が癒着(ゆちゃく)や腫瘍(しゅよう)によって機械的に閉塞(へいそく)されますが、腸管への血流障害を伴わない単純性イレウス閉塞性イレウス)、索状物による絞扼(こうやく)、ヘルニア(腸管の)嵌頓(かんとん)など腸管への血流障害を伴う複雑性イレウス(絞扼性イレウス)に分類されます。
 一方、機能的イレウスには、腹部打撲や胆石・膵炎(すいえん)・尿管結石などによる強い腹痛に伴う麻痺性イレウスと、鉛中毒などに伴うけいれん性イレウスがあります。腸管の閉塞が起こると、機械性の場合、閉塞部位より口側の腸管がガスや腸液で拡張を示します。機能性の場合は腸管全体に拡張を示します。腸管が拡張すると、腸管内圧の上昇により腸管壁の浮腫(ふしゅ)を起こし、さらに内圧が上昇すると動脈血流が障害を受け腸管壁の壊死(えし:体の組織の局所的な死)、穿孔(せんこう:孔があく)をきたします。
 複雑性イレウス(絞扼性イレウス)では、血流障害が急速に引き起こされるので重篤(じゅうとく)な経過を示します。健常成人では1日に7〜8Lの多量の電解質(ナトリウム、カリウム、塩素など)を含んだ腸液が分泌され、そのほとんどが再吸収されます。しかし、腸閉塞が起こると、嘔吐(おうと)や漏出により腸液が体外に出てしまい、電解質や体液量が低下してしまいます。循環血液量が低下し、ショックをきたすこともあり、また、腸内細菌やそれらから産生される毒素が血中に流出し、菌血症(きんけつしょう)やショックを引き起こすこともあります。
【症状 】
自覚症状
 腹痛・腹部膨満(ぼうまん)感・嘔吐および排ガス・排便の消失などが主な症状となります。腹痛はほとんどに認められ、間欠的(かんけつてき:持続的ではない)な鋭い痛みで始まります。絞扼性イレウスでは持続的な痛みを訴えます。嘔吐は、腸内容の胃内への逆流を伴ってくると便臭をおびてきます。腹鳴(ふくめい:お腹がゴロゴロする)の増強も認められます。
他覚症状
 腹部膨隆・圧痛・腹膜刺激症状(腹膜炎を併発してくると出現してくる)・腸音の亢進(金属音〈カランコロン〉)・麻痺性イレウスでは腸音の消失などがあります。
【診断 】
 腹部単純X線検査:拡張腸管ガス像、立位での特徴的なガス像(鏡面像:立位をとることにより腸内のガスが上に位置し、液体が下にくるため上半円状のガス像を示す)また、ガス像より閉塞部位の推測ができることもあります。イレウスの診断は、この検査でほとんど可能です。閉塞部位の確認やイレウスの型の診断などに腸管造影検査・超音波検査やCTなども行います。
【標準治療 】
 最も大事なことはすぐ手術をしなければならないのか、もう少し様子をみられるのか、の判断をすることです。絞扼性イレウスの可能性が高い場合は緊急手術が必要になります。血液検査や痛みの状態で判断するので、経験豊かな医師による診療が必要になります。
 まず、絶飲絶食とし、胃内に逆流した消化液や腸内容の吸引のため胃ゾンデ(鼻から挿入して先端を胃内に留置する管)を挿入・留置します。これにより腸管の拡張が軽減され、この処置だけで軽度の癒着性イレウスであればよくなることがあります。水分・栄養・電解質などの補給のため点滴を行い、腸管内の細菌の抑制による合併症の予防のため抗生物質の投与も同時に行います。
 胃ゾンデでは十分な吸引ができない場合で、まだ手術に踏みきれない場合には、イレウスチューブ(胃ゾンデより全長が長く、先端が小腸から大腸まで進めることが可能)を挿入することもあります。しかし、なかなかうまく進んでくれないこともあります。
 以上のような処置をしても、閉塞の症状が改善されない場合は、手術療法の決断をしなければなりません。手術術式としては、単に癒着(ゆちゃく)や索状物をとるだけで終わる場合もあるでしょうし、腸の壊死が進んでいるために腸切除を追加しなければならないこともあります。また、腸管の拡張が強い場合は、まず閉塞部位より口側で腸を切除し人工肛門を造設し減圧を行ってから(腸の異常な拡張を軽減してから)2期的に腸吻合(ふんごう)を行うこともあります。閉塞の原因が腫瘍によるものであれば、それにそった手術術式が必要になってきます。
 いずれにしても、手術の決断のタイミングが困難かつ大切な疾患です。
《緊急時の対応》
 何の基礎疾患もなく、突然腸閉塞になることは少ないと思います。高齢者では便(糞詰まり)が原因で起こすこともあります。癒着などで、何度も繰り返してる方やその可能性をいわれている方は腹部の不快があれば、絶食・絶飲するだけで軽快することもあります。軽快しない場合はできるだけ早く医療機関で受診して下さい。
【生活上の注意/予防 】
 腸閉塞の既往のある方(ほとんどが腹部手術の既往がある方になると思われる)は、一度にとる食事量の制限や食事内容に注意して下さい。食事内容としては、海藻類・いか・貝・豆類・食物繊維を多く含むものなど消化の悪いものは避けるようにしましょう。鼠径(そけい)ヘルニアを有している方は、膨隆してきた場合はなるべくはやく還納(かんのう)するようにして下さい。規則的な排便習慣をつけましょう。
このページの執筆医師【寺下史朗

【関連コラム】
超音波検査(エコー検査)

【出典】 寺下謙三/日本医療企画
標準治療(第3版)