全辞書一括検索 JLogos

疾患解説

トップ各診療科から検索心臓・血管

肺塞栓症・肺血栓塞栓症【はいそくせんしょう・はいけっせんそくせんしょう】
Pulmonary Embolism/Pulmonary Thromboembolism

[受診科] 心臓・血管
受診のコツ

【概説 】
 血栓(けっせん:血液の塊)、脂肪栓(脂肪の塊)、空気、腫瘍(しゅよう)細胞などが肺動脈につまり、肺動脈を閉塞する病気が肺塞栓症です。その結果、肺組織に壊死(えし)が生じると肺梗塞と呼ばれます。
 この中で最も多く認められるのは、静脈系、とくに下肢(かし:足)の静脈に血栓ができ、それが肺動脈を閉塞させる肺血栓塞栓症です。
 最近では、いわゆる「エコノミークラス症候群」といったほうが一般の方にはわかりやすいかもしれません。これは外国との往復などで飛行機に乗る場合、足を十分に伸ばせない状態で長時間同じ姿勢をとっていますと、下肢の深部静脈に血栓が形成され、到着地で飛行機から降りようと立ち上がった際にその血栓が下肢から遊離し、下大静脈、右心房、右心室を通過し肺動脈につまり、肺血栓塞栓症を引き起こすことになります。血栓の大きさが小さい場合には軽度の胸部症状を感じるのみで大きな問題にはならないと思われますが、血栓が大きく肺動脈の基部などの肺動脈の太い部分につまると、呼吸困難感・胸痛・動悸などの症状は激しくなり、一部の例ではショック状態となったり、突然死を引き起こしたりすることがあります。
 静脈に血栓ができやすくなる条件としては、長期の臥床(がしょう)・坐位(ざい)、肥満などが一般的なものとしてあげられますが、病的な条件としては婦人科の術後、骨折などでギプスを付けた場合、下肢の静脈炎などがあげられます。
【症状 】
 突然発症する呼吸困難、胸痛、動悸などが主症状で、太い肺動脈に大きな血栓がつまった場合にはショック状態になり、突然死を引き起こすこともあります。
【診断 】
 突然発症した呼吸困難、胸痛などを認めた場合には、直ちに心電図、胸部写真が撮られます。この段階で同じような症状を示す心筋梗塞、狭心症、心膜炎、解離性大動脈瘤(りゅう)などとはある程度区別が可能となります。肺血栓塞栓症に特異的な心電図所見はありませんが、一般には頻脈(ひんみゃく)となり、専門家の目でみるとある程度特徴的所見が得られます。ここで肺血栓塞栓症が疑われたならば、動脈血で酸素濃度が低下していること、心エコーで急性の右心負荷を認めることなどが確認されれば診断は確かなものとなります。肺動脈のどこの部位に血栓がつまっているかを確認するには、肺動脈造影、造影CTスキャン、MRI肺血流シンチグラムのいずれかが行われます。
【標準治療 】
 治療はいかに早く診断し、いかに早くつまっている血栓を取り除くかにあります。そのために最もよく行われている治療法が、血栓溶解剤による薬物治療です。血栓溶解薬は経静脈的に全身投与される場合と、カテーテルを肺動脈まで挿入し選択的に投与する方法とがあります。血栓溶解薬が有効に作用すると極めて短時間に症状は改善します。
 それ以外の治療法として、最近ではカテーテルを用い血栓を吸引する方法が行われる場合もあります。外科的治療法としては、血栓除去術があります。また、下肢に血栓がまだ残存し、急性期に再発する可能性の高い場合には下大静脈に一時的なフィルターを挿入し、血栓が肺動脈に流れ込むのを予防します。
【予防/生活上の注意 】
 一般的な予防法としては長時間の臥位・坐位を避ける、水分を多めにとり脱水にならないようにする、太りすぎに注意することなどがあげられます。病的な条件、例えば骨折後などから起こる肺血栓塞栓症についてはそれぞれの担当医に注意をしてもらわなければなりません。一度肺血栓塞栓症を起こした人に対する長期にわたる予防的治療としては、薬物治療として抗凝固薬の内服があり、非薬物治療としては下大静脈に恒久的フィルターを留置する方法があります。
このページの執筆医師【白井徹郎

【出典】 寺下謙三/日本医療企画
標準治療(第3版)