全辞書一括検索 JLogos

疾患解説

トップ各診療科から検索心臓・血管

心膜炎【しんまくえん】
Pericarditis

[受診科] 心臓・血管
受診のコツ

【概説 】
 心臓は心筋の外側を直接覆う心外膜と心臓全体を覆う心膜とにより包まれています。ここに炎症を起こすのが心膜炎であり、一般に多いのは急性心膜炎です。原因としては特発性のものが多く、ウイルス感染、あるいは自己免疫反応などが考えられています。それ以外の原因としては細菌性、真菌性、膠原(こうげん)病性、ガン性(悪性腫瘍性)、尿毒症性などがあります。特発性のものは若年者でもよく認めるので、以下にあげたような症状を認める場合には検査を受けるべきです。
【症状 】
 発熱、胸痛、呼吸困難感などの症状を認めます。胸痛の性格は比較的特徴的で、臥位(がい)、とくに左側臥位で増強し、坐位(ざい)での前屈(かが)みの姿勢では軽減します。それ以外では深呼吸、体動時などにも痛みは増強します。
【診断 】
 症状から急性心膜炎が疑われた時には、まず第一に心音の聴診所見が重要で、前胸部に聴診器をあて特徴的な雑音(心膜摩擦音)が聴取されたならば、これだけでも診断は可能です。心電図では特徴的な波形の変化を示し、診断上極めて重要です。炎症の結果、心膜腔に液体が貯留した場合(心膜液)には、心エコーで容易に検出されます。
【標準治療 】
 原因により治療法は異なりますが、胸痛に対しては消炎鎮痛剤を使用します。心膜液の量が多く、なかなか改善しない場合にはステロイド剤が使用されることもあります。また、心膜液貯留により心膜腔内の圧力が高まり、心臓を圧迫するような状態(心タンポナーデ)になると、危険な状態になります。このような時には、心膜腔内に針を刺し、貯留している心膜液を取り除く治療が必要となります。
【予後 】
 特発性の予後は一般に良好です。それ以外の場合は、それぞれの原因となっている病態により予後は異なってきます。
このページの執筆医師【白井徹郎

【出典】 寺下謙三/日本医療企画
標準治療(第3版)