全辞書一括検索 JLogos

疾患解説

トップ各診療科から検索心臓・血管

弁膜症【べんまくしょう】
Valvular Disease

[受診科] 心臓・血管
受診のコツ

【概説 】
 心臓には4つの部屋(右心房、右心室、左心房、左心室)があり、右心室から肺動脈、左心室から大動脈が出ています。血液は大静脈から右心房に入り、右心室、肺動脈、肺静脈、左心房、左心室の順に流れ、左心室から大動脈へと送り出されます。この血液の流れを順次、後戻りせずに先へ先へとうまく送るためには、扉の役割をする弁が4つ存在します。この扉は血液が送り出される時には開かれるとともに、一度送り出された血液が後戻りしないために閉じられるといったぐあいに開放と閉鎖を繰り返しています。
 右心房と右心室の間に三尖弁(さんせんべん)、右心室と肺動脈の間に肺動脈弁、左心房と左心室の間に僧帽弁(そうぼうべん)、左心室と大動脈との間に大動脈弁があります。これらの弁の働きが悪くなった病態が弁膜症です。弁膜症には2種類あり、弁の開放が悪くなり、血液の先へ進む流れが障害されている状態が狭窄(きょうさく)症です。一方、弁の閉鎖の状態が悪くなり、血液が後戻りしている状態が閉鎖不全症です。具体的な病名としては大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症などと呼ばれます。狭窄と閉鎖不全がともにある場合には、例えば大動脈弁狭窄兼閉鎖不全症などと呼ばれます。
 原因としては先天性と後天性に大きく2つに分けられ、後天性の原因としてはリウマチ熱の後遺症であるリウマチ性弁膜症が多くを占めてきましたが、最近のリウマチ熱の十分な管理およびリウマチ熱自体の発生頻度の減少などから、弁膜症の発生頻度も低下してきています。非リウマチ性の弁膜症の1つで、僧帽弁閉鎖不全を引き起こすものに僧帽弁逸脱症候群があります。比較的頻度が高く、よく聞かれる病名です。
【症状 】
 病気が進行し、心臓に負担がかかり、心不全状態になると自覚症状を認めるようになりますが、それまでは無自覚で経過することが多く、健診などで初めて発見されることも少なくありません。心不全になると、労作時息切れ、呼吸困難、動悸、疲れやすさなどの症状を認めます。大動脈弁狭窄あるいは閉鎖不全では、狭心症と同様の胸痛を認めることもあります。また、大動脈弁狭窄では失神発作を認めることもあります。
【診断 】
 診断のきっかけとなる検査としては、心電図、胸部写真が多くなりますが、医師による心音の聴診が診断上極めて重要です。弁膜症があると、それぞれの病態を反映した特徴的な心雑音を聴取することができます。そこで弁膜症が疑われたならば、次に心エコーが行われます。心エコーにより弁の状態および心臓への負担の程度がわかり、さらにカラードプラー法を併用することで心臓内の血流状態を評価でき、どこの弁に狭窄あるいは閉鎖不全があるかが診断できます。治療法として手術が選択される場合には心臓カテーテル検査も行われます。
【標準治療 】
 障害されている弁の働きを改善させるためには、外科的手術が必要となります。いつ手術を行うかは、自覚症状の程度、弁の障害程度、年齢などを考慮し決められます。手術の方法としては、障害された弁を取り除き、代わりに人工弁を取り付けるもの(弁置換術)と、弁の交換はせずに障害された弁の働きぐあいを改善させるもの(弁形成術)とがあります。最近ではこのような外科的方法によらずに、血管を通じて大きな風船のついたカテーテルを狭窄した弁口部にもっていき、風船をふくらませることで狭窄を取り除こうとする治療が、僧帽弁狭窄などで行われています。
 薬物治療は、心不全の発症あるいは予防を目的として行われますが、弁膜症そのものを治すものではありません。
【予防/生活上の注意 】
 弁膜症の発生を予防するための一般的な方法はありませんが、原因の1つとなっている児童期リウマチ熱の完全な治療と再発予防は重要です。弁膜症と診断されている場合には、心不全発症予防のために塩分制限、過労を避ける、感染症予防などの生活上の注意が必要です。また、歯科治療後などに障害されている弁に細菌が付着し、心内膜炎を引き起こすことがあるので、他科での何らかの検査、治療を受ける際には担当医に相談することが必要です。
このページの執筆医師【白井徹郎

【関連コラム】
超音波検査(エコー検査)

【出典】 寺下謙三/日本医療企画
標準治療(第3版)