全辞書一括検索 JLogos

疾患解説

トップ各診療科から検索心臓・血管

心不全【しんふぜん】
Heart (Cardiac)Failure

[受診科] 心臓・血管
受診のコツ

【概説 】
 心臓は、全身に血液を送り出すポンプ機能をもった臓器であり、自動車などにたとえるならばエンジン部分に相当します。エンジン部分に障害が出るとその機械全体の働きがうまくいかなくなるのと同様に、心臓のポンプ機能に障害が出ると、全身の臓器は様々な悪影響を受けることになります。
 心不全は、このポンプ機能がうまくいかなくなった状態を示しており、この病名は1つの疾患を表すものではなく、心臓の機能がうまく働かなくなった状態を表しています。心不全になると、心臓から十分な血液量を送り出すことができなくなり、全身の血液循環が障害されます。その結果、種々の臓器で血液のうっ滞(これをうっ血と呼ぶ)が起こり、様々な症状を感じるようになります。
 心不全の原因となる心疾患には高血圧性心疾患、心筋梗塞などの虚血性心疾患、心筋症、弁膜症、心筋炎などがありますが、病気の程度が軽い場合にはこのような病気が存在しても心不全にはなりません。それは、心臓にはかなりの予備能力があり、少々の障害が加わってもそれを補うだけの余力をもっているからです。しかし、障害の程度が高度になると、最後には持ちこたえることができず心不全となります。
【症状 】
 最も多い症状は、肺にうっ血が生じるために起こる呼吸困難感(息苦しい感じ)です。心不全の程度が軽い場合には、安静時には症状を感じませんが、労作時のみに呼吸困難感が出現する場合もあります。しかし、心不全の程度が高度になると、安静にしている時にも呼吸困難感が出現し、横になると肺のうっ血がさらに強まり症状が悪化するため、坐位(ざい)をとることがあります(これを起坐〈きざ〉呼吸と呼ぶ)。その他の症状としては、動悸、浮腫(ふしゅ)、チアノーゼ、疲れやすさなどが認められます。
【診断 】
 自覚症状および身体所見から心不全が疑われた場合には、最初に胸部レントゲン写真および心電図検査が行われます。胸部レントゲン写真では心陰影の拡大、肺のうっ血像、胸水の貯留などの特徴的な所見を認めます。さらに心エコー検査を行うことで心機能障害の程度、心不全の原因となった心疾患の診断などが明らかとなります。
【標準治療 】
 安静を保つとともに心臓の収縮力を高めるための強心薬、尿の出をよくしてうっ血を改善させるための利尿薬、心臓への負担を軽くするための血管拡張薬などの薬物療法が中心に行われます。心不全の程度が軽症から中等症の場合には外来でも治療可能ですが、重症の場合には入院での治療となります。その場合には集中治療室でスワン・ガンツカテーテルを肺動脈内に挿入し、心臓内の圧力および心臓から拍出される血液量を測定しながら治療が行われます。また、薬物療法のみではうまく治療できない場合には、人工呼吸器や補助循環といった機器があわせて使用される場合もあります。
 このような心不全自体に対する治療とともに、心不全の原因となっている心疾患に対する治療もあわせて行われます。とくに原因が虚血性心疾患による場合は、冠動脈造影を行い、血行再建をどのように行っていくかを検討しなければなりません。
【予後/生活上の注意 】
 予後は心不全の原因となった心疾患の内容とその重症度および心不全回復後の心機能により異なります。生活上の一般的注意としては、塩分制限、過労とならないような規則正しい生活、感染症の予防などが重要となります。高齢の方では一度心不全になりますと再発することが多く、その原因の一部として薬の飲み忘れがよくあげられるので注意が必要です。
このページの執筆医師【白井徹郎

【出典】 寺下謙三/日本医療企画
標準治療(第3版)