MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > モノ

メトロノーム
【東京雑学研究会編】

§メトロノームをはじめて使った音楽家は誰?

メトロノームは、演奏のテンポをとるためにかかせない音楽用機器である振り子時計のようなこの機械の速さは一分間に刻む数で表示され、四〇~二〇八の範囲が普通である
この機械、ドイツ人のヨハンネス・メルツェルが発明したといわれているが、実際にはオランダ人のディートリッヒ・ヴィンケルが一八一二年頃にすでに発明している。
では、なぜ発明者の名前が違うのかというと、このヨハンネス・メルツェルとディートリッヒ・ヴィンケルは、そもそも友人関係だったらしい
ある日のこと、ディートリッヒ・ヴィンケルは、メトロノームの作り方をヨハンネス・メルツェルへ、それはそれはていねいに教えてしまったのだ。
作り方を教わったメルツェルは、さっさと特許権をとってしまった
そして、一八一六年、メルツェルはメトロノームを自身の発明品として売り出し、このおかげで大もうけをしたといわれている。
その翌年のこと、ベートーベンがはじめてこのメトロノームを使って作曲をしたといわれている。
彼の交響曲第八番は、全楽章にわたってメトロノーム記号がついている。
もじゃもじゃ頭のベートーベンが、トレードマークの髪を振り子のように振りながらメトロノームを使い作曲をしたかとおもうと、なんとも楽しいである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670925


◆「メトロノーム」がよく分かる関連まとめ


【辞典内Top3】 クラウチングスタート  若山牧水  凸凹  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト